宍戸遊美個展「レインボーレーン」

Posted by & filed under 展覧会のお知らせ.

宍戸遊実個展 1

タイトル:
宍戸遊美個展「レインボーレーン」

開催日時:
2013年8月23日(金)~2013年9月16日(月・祝)12:00-19:00、火曜日休場

会場:
3331 GALLERY
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331Arts Chiyoda 1階

関連イベント
2013年08月24日(土)19:00より、作家を囲んでささやかなパーティを行います。

(さらに…)

巡回型アーティスト・イン・レジデンス成果発表 Move arts Japan展

Posted by & filed under 展覧会のお知らせ.

3331 ARts Chiyoda スケジュールサイト http://www.3331.jp/schedule/001425.html
ENGLISH/http://www.3331.jp/schedule/en/001425.html

展覧会情報

日程: 2012年02月04日(土)~2012年02月19日(日)
備考: ジョイントオープニングパーティー/オープニングアクト
     2012年2月4日(土) 18:00-20:00 *ご予約不要
時間: 12:00-19:00
備考: 最終入場30分前
休み: 火曜日
料金: 無料
会場: 1F メインギャラリーB・D

アーティスト

岩井 優、嘉手苅志朗、狩野哲郎、久恵真由美、齋藤雅宏、斉藤幹男、松田壯統、山田健二

「Move arts Japan」には、アーティストがアーティスト・イン・レジデンスプログラム(以下AIR)を通して「Move=移動」、日本全体を「Move=感動させる、動かす」というメッセージを込めています。
本展では、全国のAIRネットワークをつなぐウェブサイト「Move arts Japan」の始動に先駆け、8名のアーティストが複数のAIRを巡った体験の成果発表を行います。

参加作家

岩井 優|Masatu Iwai

•滞在地【沖縄県ano→富山県ヒミング】
アーティスト。1975年京都生まれ、東京都在住。2009年東京藝術大学美術研究科後期博士課程修了。Survivart代表。岩井はこれまで「クリーナーズ・ハイ」というテーマで、清掃/ごみを作品制作に持ち込んでいる。インスタレーション、映像、パフォーマンスなど多岐に渡る表現媒体を用いて、私たちの暮らしにある清潔への欲望を、矛先をずらしながら示し、循環的な営みを問い直している。主な個展に「Clean up 1. 2. 3.」(Art Center Onging、東京、2009)、「Cleaner’s high #1」(Otto maintzheim Gallery、東京、2008)。

嘉手苅志朗|Shirou Kadekaru

•巡回予定コース【大分県BEPPU PROJECT→秋田県ゼロダテ→北海道S-AIR】
アーティスト。1985年沖縄市生まれ、同市在住。沖縄県立芸術大学美術学部修士課程在籍中

kadekaru01
風と芝と二人の人物/a wind, a lawn and two figures. 沖縄県立芸術大学/Okinawa prefectural university of arts 2011

kadekaru02
場所とオブジェに関するドローイング/drawing about places and objects 沖縄県立芸術大学/Okinawa prefectural university of arts 2010

狩野哲郎|Tetsuro Kano

•滞在地【秋田県ゼロダテ→北海道S-AIR→大分県BEPPU PROJECT】
美術作家。1980年仙台市生まれ、東京都在住。2007年東京造形大学大学院造形研究科造形専攻美術研究領域修了。近年の作品に、鳥と植物を内包したインスタレーション作品であり、温室であり、なおかつ鳥小屋である空間を設計する「自然の設計/Naturplan」「それぞれの庭/Respective gardens」、みずから拾得や購入したさまざまな植物の種子を展示空間に蒔き、成長を見守るインスタレーション作品「発芽―雑草/Weeds」、通過した路傍の雰囲気の収集を試みる写真シリーズ「Studying about something」。

kano01
狩野哲郎「自然の設計(2011)」 インスタレーション 東京都現代美術館での展示風景
Tetsuro Kano, Naturplan (2011), installation, installation view at Museum of Contemporary Art, Tokyo, Japan
Courtesy of the artist and YUKA TSURUNO

kano02
狩野哲郎「自然の設計(2010)」インスタレーション ヨコハマアパートメントでの展示風景
Tetsuro Kano, Naturplan (2010), installation, installation view of solo exhibition at Yokohama apartment, Japan
Courtesy of the artist and YUKA TSURUNO

久恵真由美|Mayumi Kyue

•滞在地【秋田県ゼロダテ→大分県BEPPU PROJECT→富山県ヒミング】
アーティスト。1985年富山県生まれ、金沢市在住。2009年金沢美術工芸大学美術科彫刻専攻 卒業。2011年金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科彫刻専攻修了、現在金沢で制作活動中。主な個展に「維持するための仕組み」(kapo gallery、金沢、2009)、「出会いなおす-再構築の価値-」(Plaza Gallery、東京、2011)など。

kyue01
ドラマティックグレー/dramatic grey 金沢21世紀美術館 (卒業、修了展示)/21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa(graduation works) 2011

kyue02
維持するための仕組み/The structure for preservation 金沢アートポート/Kanazawa art port 2009

齋藤雅宏|Masahiro Saito

•滞在地【北海道S-AIR→秋田県ゼロダテ】
アーティスト。1981年山形県生まれ、金沢市在住。2007年筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。Kapo(金沢アートポート) 代表。

saito_ma01
Big fishes/hands print 味噌蔵小学校/Miso-gura elementary school 2009

saito_ma02
Dreaming paper Kapo gallery 2009

斉藤幹男|Mikio Saitou

•滞在地【沖縄県ano→大分県BEPPU PROJECT→石川県CAAK&kapo】
現代美術・映像作家。1978年札幌市生まれ、同市在住。2002年より2007年までドイツ、フランクフルトのシュテーデル芸術学院にて映像、写真を学ぶ。手描きのアニメーションや、フィルム映写機を使った映像インスタレーション作品を制作。これまでにドイツ、アメリカ、イギリス、オーストリア、台湾など様々な国において、ギャラリー、美術館、映画祭などで作品を発表。2007年スウェーデンのルレオ・サマー・ビエンナーレでは最優秀賞を受賞。個展に、『The Pencil of Nox』(Gallery Anita Beckers、フランクフルト、2007年)、『Four Essentials of the Film』(Gallery The Old Ship、ロンドン、2008年)。

saito_m01
“School Cone”, 2011年
“The Beginning -Exhibition of Hybrid Generation” 札幌PARCO新館、札幌、日本

saito_m02
“School Cone”, 2011
“The Beginning- Exhibition of Hybrid Generation” Sapporo PARCO, Sapporo, Japan

松田壯統|Masanori Matsuda

•滞在地【北海道S-AIR→富山県ヒミング→大分県BEPPU PROJECT】
現代美術作家。1982年兵庫県生まれ、埼玉県在住。2007年東京芸術大学美術学部卒業。2009年東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。

matsuda01
カフカスケープ/Kafka scape  東京芸術大学 取手校地 /Toride Campus,Tokyo University of the Arts, Ibaragi,Japan 2007

matsuda02
重力の中のballo/Ballo in the gravity 東京芸術大学 取手校地/Toride Campus, Tokyo University of the Arts, Ibaragi,Japan 2005

matsuda03
千体仏のジオラマ/Thousands of Buddhist images no diorama 東京芸術大学 取手校地/Toride Campus, TokyoUniversity of the Arts, Ibaragi,Japan 2007

山田健二|Kenji Yamada

•滞在地【沖縄県ano→BEPPU PROJECT(大分県)→石川県CAAK&kapo】
美術作家。1983年東京生まれ、東京を拠点に活動。2008年東京芸術大学先端芸術表現科卒業。多くの故郷をもつ彼は、故郷を巡り、その場所へのアプローチすることから彼の制作をはじめた。彼の仕事は常に自宅の無い土地で行われてきた。以来、彼の仕事は祭祀や組織の準備に棲み、そこに潜在する作為や動機を編集することで彼の作品を成り立たせている。 雪や地形、民俗知をテーマにしたインスタレーション、建築物、庭、写真などの表現で知られる。

yamada01
yamada02
別府地熱学消化器美術館/BSIM(The BEPPU Subterranean Innards Museum) 大分県別府市 platform02/platform02, Beppu, Oita pref 2011

yamada03
雪室宿/Booking Void Inn MATSUNOYAMA 新潟県十日町市 松之山 天水山 Mt.Amamizu, Matsunoyama, Tokamachi, Niigata pref. 2009

協力団体

maJ_logo_ss

【Move arts Japan 公式ホームページ】

http://movearts.jp/
「Move arts Japan」とは、”Residence network in Japan”をキーワードに展開する、日本国内にあるアーティスト・イン・レジデンスのネットワーク。より多くのアーティストたちがさまざまな地域に訪れることができるよう、継続的に運営するサイトです。すでに活動を重ね、経験豊富な団体や、市民活動としてアーティストを受け入れている団体など、多様な団体情報を掲載しています。

【お問い合わせ】
一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN(担当:宍戸、松渕)

作家から寄せられる滞在レポートはこちらのブログからご覧になれます。

コマンドN 巡回型アーティスト・イン・レジデンス/レポート

http://blog.livedoor.jp/cn_air2011/